お財布にやさしくて続けやすいキラリエアイクリーム2で、目元を乾燥からしっかり守れ!ロールタイプが新鮮♪

Pocket
LINEで送る

40代ともなると、肌の乾燥がシワに直結してしまうコワ~イ現実があります(-_-;)

特に、目元。皮膚が薄くてデリケートなので、乾燥は厳禁。ぜひ、アイクリームなどを使って、保湿などのケアをしたいところであります。

しかし、アイクリームって、結構高いのが多い!!ですよね・・・。

「アイクリームなんて贅沢で続けられない!」とお嘆きの方も多いと思うのですが、今回、すごくリーズナブルな価格で、しっかり保湿もできるアイクリーム をお試しさせていただいたので、ご紹介します。

今回お試しさせていただいたのは、Kirarie(キラリエ)アイクリーム2です。

公式サイトはこちら>>キラリエアイクリーム

低価格でもしっかり保湿。Kirarie(キラリエ)2はこんなアイクリームです。

とにかく低価格。2,000円以下(しかも送料無料)で続けられるアイクリーム

こちらが、キラリエアイクリーム2です。
kirarie07

お試し購入価格 1,980円(税込・送料無料)、定期購入なら1,788円(税込・送料無料)と、アイクリームとしてはかなり低価格ですが、容量も20gとしっかり入っていて、見るからにかなりお得な印象。

低価格だけれど美容成分を贅沢に配合

キラリエアイクリーム2は、低価格ですが、美容成分は、こだわってしっかり入っています。
kirarie12

目元に栄養を与える 3種類のペプチド、目元のくま、乾燥肌、シワに効果があると言われる レチノール、高い保湿力の メープルウォーターなど、こだわりの美容成分を配合。

また、アボカド、ローズヒップ、ひまわり種子油、あんず核油など目元によいオイルを配合して、しっかり保湿します。

キラリエアイクリーム2を実際に使ってみました。先端のローラーがちょっと変わってて面白い。

キャップをあけてみて「ん?これなに?」となった。

見た目は普通のアイクリームに見えた キラリエアイクリーム2ですが、キャップを開けてみると、なんか面白い形をしています。

これ、アイクリームが出てくるところに、3つの金属製のボールみたいなのがついてるんですね。

どうやら、このアイクリームは、この先端部分を肌にあてて、滑らせながらアイクリームを付けていく仕組みになっているようなんです。そして、このボールみたいなのが肌の上を滑らすときにローラーの役割をします。
kirarie08

アイクリームを出すには、普通にチューブを手でギュッと押せば、ボールの脇のところから、にゅにゅにゅっとアイクリームが出てきます。

このローラー方式が、結構気持ちいい。

アイクリームを押し出したら、先端を肌につけて滑らせるようにクリームをつけていきます!
kirarie10

実際に、目の周りに使って気が付いたのですが、この金属のローラーがひんやりして、かなり気持ちいい。コロコロとマッサージしているような感覚もあって、目元がほぐれます。

比較的広い場所は、ローラーを転がしながら塗ると塗りやすいですし、気持ちいい。ですが、細かい部分やカーブが多いところは、やはり指でなじませた方がしっくりきます。

保湿力は高いです。でもベタベタしないので朝も使えます。

アイクリームは、下の写真の通り、ねちっとしていて肌にしっかり密着する感じです。保湿力はしっかりあり、十分満足♪
kirarie11

濃厚なのですが、ベタベタ感がのこらないので、夜はもちろん、朝につかっても快適に使えると思いました。

目元の保湿をリーズナブルな価格で続けられます

今回お試しさせていただいた、キラリエアイクリーム2 ですが、価格がすごく安いので、そこまで期待はしていなかったのですが、保湿力は十分です!それに、ローラーが面白い(^^)
kirarie05

コスパのよいアイクリームをお探しならば、キラリエアイクリーム2 も、候補に加えてみてはいかがですか♪

キラリエアイクリーム2の公式サイトはこちらです

2,000円以下で買えるアイクリームです

お試し購入価格 1,980円(税込・送料無料)、定期購入ならさらにお安く 1,788円(税込・送料無料)です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.17

レフ版効果で肌質修正♪アテニア スキンレタッチャー を使ってみた!パウダーファンデとのセットがお得♪

コスパ抜群のアテニアから新発売の 肌質修正下地 スキンレタッチャー と、UVクリアファンデーション パウダー を買いました! 私が特に…

ブログランキングに参加しています

お気に入り♪

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る