マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールの人気色「ナチュラル」と「オークル」を比較してみました。

Pocket
LINEで送る

40代・50代に人気のリキッドファンデーション、マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

クリアエステヴェールは、自然なカバー力で、伸びがよくササっとキレイに塗れる。

とても使いやすいので、リキッドファンデーション派の私も気に入っているファンデーションです。

しかし、初めての購入の際は、色選びにちょっと迷ってしまうこともありそうですよね。

今回は、クリアエステヴェールの人気色 ナチュラルオークル を、私自身の顔にも塗って、丁寧に比較してみました

薬用クリアエステヴェールの色選びで迷っていませんか?

クリアエステヴェールは5色展開

薬用クリアエステヴェールは、5色展開

ライトナチュラル・ピンクナチュラル・ナチュラル・オークル・タンオークル の5色です。

通販で購入するクリアエステヴェールなので、初めての購入の際は、色選びでちょっと迷う人も多いと思います。

もちろん、初めての購入の際についてくる「5色サンプル」を試してみて、自分の購入した色が気に入らなければ、無料で交換はしてもらえるのですが、やはり交換は面倒。できれば最初から色はバッチリ合わせたい^_^;

ちなみに、人気色は、ナチュラルオークル だということです。

たとえば、「とても色白」だとか「しっかり日焼けしている」とかならば、それぞれ「とても色白=ライトナチュラル」、「日焼け肌=タンオークル」という具合にすぐに決断できそうですが、そうでない場合は、最初は人気色のナチュラルオークルを選ぶのが無難かなと思います。

というわけで、今回は、人気色のナチュラルオークルをしっかり比較してみたいと思います。

ナチュラルとオークルを比較してみた

下の写真が人気色の ナチュラルオークル です。

明るさというよりは、色味がハッキリ違っていて、オークル の方が黄みが強いです。

↓ 塗り広げてみるとこんな感じ。私の腕の上ではナチュラルの方がパッと明るい感じがします。

塗ってから約20分経過。ファンデがすっかり乾きました。

ファンデが乾いてから見てみると、どちらも明るさのトーンが少し落ち着いた感じがします。オークルはかなり暗くなりました。

腕に置いた感じでは、私には ナチュラル の方が合いそうな感じがしますね。

ナチュラルとオークルを実際に顔にぬって比較!

それでは、薬用クリアエステヴェールの人気色、ナチュラルオークル を実際に顔にぬって色の違いを比べてみたいと思います!

ナチュラル

まずは ナチュラル。 頬に置いてみました。

ナチュラルを顔に伸ばしていきます!

塗り終わり!

色は全く違和感なく、肌色が明るく整いました。シミや色ムラも自然にカバーされています!

オークル

続きまして、オークル。頬に置いてみました。

ナチュラルと比べると黄みが強く、少し色が濃く感じるかな。

オークルを伸ばしていきま~す。

塗り終わりました!

最初は色味が少し合わないかな?と思ったけど、これはこれで違和感なくとてもきれいな仕上がりです。ナチュラルの時よりも、落ち着いた肌色に仕上がりました。

ナチュラルとオークルを並べて比較

顔の上に置いたナチュラルとオークルを比較してみました。

ファンデーションを塗った肌色を比較。

どちらも大丈夫だけど、私の場合はナチュラルの方を選ぶかな。

でも、私も日焼けをしたりすると肌がやや黄色っぽくなる傾向があるので、そういったときはオークルでもいいのかなと思いました。

ナチュラルとオークルは人気色だけあって、多くの人に合いやすい色だと言えると思います

もし、クリアエステヴェールの色選びで迷うようなら、肌の明るさだけではなく、「色味」にも注目して合う色を探してみてくださいね(^^)

マキアレイベル「薬用クリアエステヴェール」「薬用クリアエステフェイスパウダー」のセットはこちらから

公式サイトでは、お試し用の薬用クリアエステヴェールハーフサイズが1,980円(税込・送料無料)、さらに薬用べクリアエステフェイスパウダーとのセットがお得な価格で購入できます。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.8.23

coyori(こより)化粧品の3点トライアルセットがお得!口コミで大人気の美容液オイルに化粧水とクリームもセットに!

今回ご紹介するのは、自然派化粧品やオイル美容に興味のある人たちの間で非常に人気のある Coyori化粧品の美容液オイルに化粧水とクリームもセ…

ブログランキングに参加しています

お気に入り♪

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る