「リアルフィット」ダイエットプログラムを開始。効果的なエクササイズと食事指導でキレイに痩せてみせるぞー。

Pocket
LINEで送る

3月から、グループレッスンが特徴のダイエットジム「REAL FIT(リアルフィット)」のダイエットプログラムを開始しました!

リアルフィット」は、トレーニングがグループレッスンということが特徴で、それがゆえに、ライザップのようなパーソナルトレーニングジムに比べると、かなり格安で利用できる、成果保証型ダイエットジムです。

ダイエットプログラム」というコースを受けると、トレーニングに通い放題だけじゃなく、毎日欠かさず食事指導をしてもらえて、目標体重(なりたい体)を達成できるようコーチしてくれます。(ダイエットプログラムは、返金保証もついています。)

ただ、トレーニングは、普段あまり運動をしていない人にとっては、最初はかなりキツイと思っておいて間違いはないでしょう。。。

だけど、次第に体は慣れていくみたいで、先にリアルフィットを始めていた私のお友達は、最初は「筋肉痛が!!」と悲鳴をあげていたけれど、最近では「意外と、ハマってるかも♪」と言っています(^_^;

私も、早くその境地に達したいものです。

とりあえず、ダイエットプログラムスタート後、初めてトレーニングに行ってきたよ!

ポッチャリ体型を克服するべく筋肉を鍛えるぞ!

前回の記事でお伝えした通り、初回カウンセリングの結果、私の体は、ダイエットを必要とする「ポッチャリ体型」(-_-;

下は、初回カウンセリング時に受けた「InBody(体成分分析装置)」の測定結果の一部。
realfitcounseling33これをなんとか、「スリム寄りの適正ゾーン」に持っていきたい。。。という野望を持っています。

今回も「Body shape(ボディシェイプ)」を受けた

今回は、初回カウンセリング時に受けた体験レッスンから数えると、2回目のレッスン。

体験レッスンで受けたのと同じ「Body shape(ボディシェイプ)」というクラスを受けました。

このクラスのプログラムの特徴は、以下の通りです。

  • 短時間で全身の筋肉を鍛える達成感のあるクラス
  • 見た目だけでない動ける体を目的としたプログラム
  • ロシア発祥のケトルベルを最大限に使い、従来のバーベル、ダンベルでは得られないトレーニング効果

達成感のある」ってとこが、コワいでしょ~?(^^; (と、脅してみる・・・)

そして、この日のレッスンも、やっぱりキツかった・・・。筋肉を「これでもか!」といじめる感じは全く一緒(^^; もちろん、翌日はひどい筋肉痛。

だけど、この日は、一度同じレッスンを受けて、パターンを理解していたので、見通しを立ててレッスンを受けることが出来、精神的にはかなり楽でした。これは、わずかながらも「進歩」かも♪

前回は、最後バテてしまって持てなかった「4kgのケトルベル(写真の一番右)」も、今回は持つことが出来ました(^^)
realfitcounseling36
前回の体験レッスンの時は、たった3人でのレッスンだったけど、この日は、平日の昼間にもかかわらず、9人(だったかな?)も参加されていて、前回と全く雰囲気が違っていました。

レッスンの前後で、みんなであいさつをしあったり、最後は健闘を称えあって(?)拍手をしたりと、レッスン場は不思議な一体感に包まれていました。参加されている方のトレーニングをこなすレベルは色々なのですが(私は一番ひどいです)、皆さんが仲間のように思えましたよ。これぞ、リアルフィットのグループレッスンの醍醐味

少人数の時は、きめ細やかに見てもらえる良さがありますし、人数が多い時は、みんなで頑張る一体感が気持ちいい!すごく楽しかったです。

心拍モニターで体にどのくらい負荷がかかっているのかを測定

前回はつけなかったのですが、今回は写真の「ハートレートモニター(心拍センサー)」をつけてレッスンに臨みました。
realfittraining0101これを、胸の下あたりに巻き付けます。

レッスン終了後、すぐに、心拍モニターの結果がメールで送られてきました!
realfit0106ちょっと、見方がよくわからないんですが(今度、聞いてみます)、一番下の「心拍数の変化のグラフ」は、自分がどこできつかったのかがよくわかりますよね。私は、レッスンの最後のパートが一番きつかったのですが、心拍モニターにも、それがちゃんと表れてます。

ただ、これを見ると、どこがしんどくてどこが楽だったのかが一目瞭然ですし、具体的な心拍数や消費カロリーもしっかり分かりますので、手を抜いてたらバレバレですね。

前回に比べて筋肉痛の回復が格段に早かった

レッスンの後に、筋肉がプルプルになってしまったり、翌日から激しい筋肉痛に見舞われたのは、前回の体験レッスンの時と変わりません。ですが、前回の筋肉痛が3日は辛かったのに比べると、今回は筋肉痛が1日で治りました!

たった2回目ですが、少しは体が慣れたのかも。

食事は、結構量を食べるので、空腹感はないです。食事指導のメールがとっても丁寧。

NG食材とOK食材があるけれど、たくさん食べられる

ダイエットというと、食事制限はつきものですから、リアルフィットのダイエットプログラムにも、もちろん、食事制限はあります。ただ、制限というよりは「ルールがある」といった方がよいかもしれず、「制限されている」という悲壮感は全くありません。

realfitcounseling32「間食を含め一日5食食べる」ことや、「夕食をREAL BODYというダイエットサポート食に置き換える」こと、「高たんぱく・低糖質・低脂肪の食事をすること」などの決まりはありますが、結構量は食べてもOKなんですよ~。

毎日、自分が食べたものを、写真付きで、体重や運動の有無なども添えて、メール報告します。

すると、担当のトレーナーさんから丁寧な食事指導メール(食事だけでなく運動のアドバイスや質問にも答えてくれます)が、帰ってきます。

朝食・昼食は結構自由に食べることができます

ある日の朝食。
realfittraining0106この日は、具だくさんの味噌汁や温野菜、ゆで卵、蒸し鶏(鶏ハム)などを食べましたが、さっそく「惜しい!にんじんは控えていただきたい食材です。」と、ご指導いただきました(^^;

そして、これは昼食。外出だったので弁当持参で。
realfittraining0108お弁当箱って見た目以上にたっぷり入るんですよね。だから、これだけ食べれば、おなかいっぱい。。。

間食も2回摂るように言われている・・・

3食の間隔が開きすぎると、空腹になり、インシュリンを分泌し脂肪を分解しないようになるそうです(ひぇ~~~)。そうなると、ダイエットにはよくないということで、朝食と昼食・昼食と夕食の間に、それぞれ、間食をとるように指導されます。

食べるものは、ナッツ・ゆで卵・ゆで野菜・チーズなど、糖質の少ないものになります。

夜は置き換え食の「REAL BODY」

夜は、置き換え食です!これが、一番心配でした~。「こんなもんでおなか一杯になるかい!」と・・・。
realfittraining0102ところがどっこいです。私は、これを全部一度に飲むのが大変なくらいで(まずいからではありません)、2回に分割してボチボチ飲んでいるのです。おなかがいっぱいになってしまうからです(^^;

この「REAL BODY」は粉末状で、300ml~500mlのお水に溶かして飲むのですが、300mlの水に溶かした「REAL BODY」は、一度に飲むには、私にはとっても量が多いです。もちろん、個人差はあると思うのですが。

飲むとおなかがいっぱいになるだけでなくて、腹持ちもなかなかいいです。寝る前に、空腹に悩まされることも、今のところなし。

「REAL BODY」の栄養表示。たんぱく質が多いですよね!

しっかり運動して、筋肉を増やすためにたんぱく質をたっぷりとる。これが大事なんですね。
realfittraining0110
「REAL BODY」には、いちご味とバナナ味がありますが、私が好きなのは、断然バナナ!!
realfittraining0104素直に甘くて、これはお世辞抜きでおいしい(^_^; (ほかに甘いものを食べないせいもあるかも)

リアルフィットのダイエットプログラム、まだ始めたばかりですが、楽しく取り組めています。トレーニングも週に最低2回は通って頑張りたい。

ダイエットの進捗状況は、逐次、当ブログで報告いたします。お楽しみに♪

【追記】ダイエットのその後を知りたい方は、こちらの記事もまとめてご覧ください♪

あなたもリアルフィットで頑張りませんか?!興味のある方は無料カウンセリングから

「REAL FIT」体験レッスンの予約もいっしょに出来ます

※ただ今、通常3,000円(税抜)のカウンセリング&体験レッスン料が 無料で受けられるキャンペーン中 です。(サービスの内容は、私が通っていた頃とは変更になっている可能性もあります。最新の情報は、公式ページでご確認くださいネ。)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.17

レフ版効果で肌質修正♪アテニア スキンレタッチャー を使ってみた!パウダーファンデとのセットがお得♪

コスパ抜群のアテニアから新発売の 肌質修正下地 スキンレタッチャー と、UVクリアファンデーション パウダー を買いました! 私が特に…

ブログランキングに参加しています

お気に入り♪

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る