MTG【SIXPAD(シックスパッド)】お腹・二の腕の引き締めに!トレーニング効果が持続する20Hzが決め手のEMS。

Pocket
LINEで送る

サッカーのロナウド選手の広告でおなじみのEMS機器、MTG「SIXPAD(シックスパッド)」の、体験をしてきました!

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電気刺激により、筋肉に直接信号を送り運動させるテクノロジーです。

ダイエットジムに通っていて「筋肉に興味津々」の私にとっては、とても面白い体験になりました。

年齢がいけばいくほど、健康のために筋肉の維持は必須。

この体験の日、長年EMSや筋肉の研究を続けていらっしゃる京都大学の森谷敏夫教授の講義も聞くことが出来たのですが、「『筋肉』を維持することが、健康維持にとっていかに大切か」ということを、とても興味深く学ぶことが出来ました。

森谷教授によると、加齢とともに衰えがちな筋肉をキチンと鍛えながら維持することで、糖尿病や認知症の発症もかなり抑えられるのだそうで、実際にEMSを使って、糖尿病の患者さんの筋肉を刺激するようなことも医療の現場では行われているそうです。

森谷教授が導き出したEMSの周波数「20Hz」

ところで、EMSの機器って、世の中には、いろいろな種類が出回っていますよね。使ってみた方もいるかもしれませんが、効果があった人・なかった人、続けられた人・続けられなかった人、いろいろだと思うのですよね。
sixpad12

EMSというのは、筋肉に電気で刺激を与えるもので、その周波数は、製品によってもいろいろと違うそうです。私はEMSの「周波数」に注目したことはなかったのですが、これが、実はとても大切なのだそうで。

長年、EMSの研究を続けてこられた森谷教授は、いろいろな周波数と比較して、20Hzという周波数が、効率的なトレーニングができる周波数であるという結果を導き出しておられます。それよりも高い周波数だと、トレーニングを始めて時間が経つにつれて筋肉の反応が弱くなってしまい、トレーニングの効果が弱くなってしまうのだそう。

周波数20Hzを採用した、MTGのSIXPAD(シックスパッド)は本物!

周波数20Hzで効果的に筋肉を鍛えていく

MTGのシックスパッドは、森谷教授が長年の研究で導き出した「EMSのトレーニングに最適」という20Hzという周波数を、採用しています。

20Hzという低い周波数は、筋肉に刺激を与えるときに「痛み」を感じるなどの問題があったそうですが、その難点もクリアして、SIXPADは商品化されています。

20Hzという低い周波数で、筋肉を刺激することで、筋肉は長時間「緊張と弛緩」を繰り返すことが出来、効果的にトレーニングすることが可能なのです。

「速筋」に働きかけるSIXPAD

筋肉には、通常の日常動作などで使う持久性に優れている筋肉「遅筋」と、大きな力を発揮し瞬発力に優れる「速筋」があり、引き締まった体をつくためには、速筋を鍛えるのが近道なのだそうです。

速筋を鍛えるためには、通常、とてもハードなトレーニングが必要ですが、EMSは、速筋に直に働きかけることが出来、楽に速筋のトレーニング効果が得られるという利点があります。

SIXPAD(シックスパッド)の種類

MTGのSIXPAD(シックスパッド)は、2種類あります!

まずは、お腹の正面につけるタイプの「SIXPAD Abs Fit」!
sixpad06これを、お腹の正面につけることで、腹筋を広範囲に刺激し、鍛えることが出来ます。広範囲の筋肉を刺激できますが、とても薄く、本体で操作可能でコードなどもありませんから、服の下に忍ばせることもできそうです♪

そして、下が、小さめの「SIXPAD Body Fit」という、腕・ウエスト・足に使えるタイプ。
sixpad03こちらのタイプは、二の腕に巻き付けたり、ウエストの横部分、足の気になるところなどを、挟むようにしてつけます。通常は2個購入して、左右対称で使う方が多いそうです。

SIXPAD、こんな風に使います!

モデルさんがSIXPAD(シックスパッド)をつけてくださいました。こんな風に使います!
sixpad08jpgこうやってみると、やっぱりコードレスなのはスッキリしてて、いいですね。

どちらも、本体真ん中の「+」「-」のボタンだけで操作が可能になっています。

実際にSIXPAD(シックスパッド)を体験させていただきました!

SIXPAD Body Fitの方を試させていただきました

sixpad15
私が体験させていただいたのは、小さい方の「SIXPAD Body Fit」。私も、上記の写真のように、二の腕に使わせていただきました。

SIXPAD(Body Fit)はいろんなところに使える!

左右2枚の羽根みたいなところで気になるところを、ムギュッと挟んで使います。
sixpad02二の腕、ウエストの横部分、足の気になる部分などに、巻き付けるようにして貼って使います。

裏返してみますと、こんな感じ。専用の透明なジェルシートを貼りますと、その粘着力で、肌とSIXPADがぴったりくっつくようになっています。
sixpad13

なんじゃ~こりゃ~、腕が勝手に上がる~!

で、言われるままにSIXPAD Body Fitを二の腕に巻き付けて、スイッチオン。

ん?最初はよく分からない。

「+」「-」のボタンで強度調節ができるそうなので、「+」ボタンを、ポンポンポンっと押してみると・・・。

来ました!グイ~ンと!!

SIXPADは、スイッチを入れると、「ウォームアップ → トレーニング → クールダウン」の23分間のコースが自動的に始まるようになっているので、最初はソフトに始まり、だんだんと強度が上がっていくようになっているみたいです。

面白かったのは、自分では何もしていないのに、刺激が加わった時に腕が勝手にグイ~ンと持ち上がったこと。もちろん、これは強度の調節の仕方にもよるのかもしれませんが、「SIXPADを腕に使っているときは、手は使えないな」と思いました(^^;)

終わった後は、けっこう疲労感がきてる

SIXPADを使い終わった後ですが、自分では全く腕を動かしていないのにもかかわらず、二の腕にかなりの疲労感が・・・。

腕立て伏せをした後のような「筋肉を使った」感覚が残りました。

なので、「これは、本当に効いているなぁ・・・!」という感じ。

本格的に使ってみたいなぁ、という気分にさせられました。

SIXPAD Body Fit は、2個セットで買う人が多い

私が体験させてもらった「SIXPAD Body Fit」は、やはり、2個セットで買う方が多いようです。そりゃそうですよね。両腕、ウエストの両脇、両足の気になるところ、一度に済ませたいですもんねぇ(^^;)

あと、お腹正面の腹筋用「SIX PAD Abs Fit」と「SIXPAD Body Fit」×2個のセットもよく売れているそうです。家族で使う方も多いそうで、男性は腹筋、女性はウエストの両側など、シェアして使うんですね。

お腹正面の腹筋用「SIX PAD Abs Fit」が、税抜き23,800円。小さい方の「SIXPAD Body Fit」が1個税抜き17,800円と、けっこうなお値段ですが、売れているそうです。

うん、でも体感してみたら分かります。これは、効きそう。

SIXPADをもっと詳しく知りたい方はこちら

MTG「SIXPAD(シックスパッド)」公式ページ

  • SIXPAD公式ページ【MTG OnlineShop】


    全部欲しくなってしまった方には、お得な「セット価格」がありますよ!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.6.17

レフ版効果で肌質修正♪アテニア スキンレタッチャー を使ってみた!パウダーファンデとのセットがお得♪

コスパ抜群のアテニアから新発売の 肌質修正下地 スキンレタッチャー と、UVクリアファンデーション パウダー を買いました! 私が特に…

ブログランキングに参加しています

お気に入り♪

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る