ボニックプロは、RF・キャビテーション・EMSの3つの機能を搭載!ここをやりたい!が手軽にできる自宅エステ。

Pocket
LINEで送る

健康コーポレーションの新しくなったEMSマシーンBONIC Pro(ボニックプロ)の商品説明会に参加してきました!

EMSマシーンは、電気刺激を与えることで筋肉に直接働きかけようというマシーンです。

健康コーポレーションさんのEMSマシーンでは、先に販売されている「BONIC」があって、そちらも人気なのですが、新しく発売されたBONIC Pro(ボニックプロ)は、「BONIC」を機能面・使いやすさにおいて、さらに進化させたマシーンになります。

女性なら、誰しも体に気になるところが一つや二つ・・・、いや、三つ、四つ・・・(^^;)

ぷよぷよのお腹・寸胴なウエスト周り、プルプルの二の腕、ボニョボニョのお尻、やけにたくましい足(太もも・ふくらはぎ)などなど、BONIC Pro(ボニックプロ)は、そんな気になる体の部分をピンポイントでケアできる、とても便利なEMSマシーン。

私が実際にBONIC Pro(ボニックプロ)を使ってみましたので、使用感などをレポートしたいと思います。

従来の「BONIC」と「BONIC Pro(ボニックプロ)」とどこが違うのかの比較も含めて、購入の参考にしていただければと思います。

EMSマシーン、BONIC Pro(ボニックプロ)とは?

BONIC Pro(ボニックプロ)の機能

BONIC Pro(ボニックプロ)とは、1台で、RF・キャビテーション・EMSの3役をこなす、EMSマシーンです。

下の写真が、BONIC Pro(ボニックプロ)
bonic05

ボニックプロは、エステで人気の施術を自宅で気軽に、好きな部位に行えるマシーンです。専用のジェルと一緒に使用します。

ちなみに、一般的なエステでも人気の施術、RF・キャビテーション・EMSには次のような狙いがあります。

  • RADIO FREQUENCY(RF):ラジオ波の温め効果でお手入れの効果をアップさせる
  • CAVITATION(キャビテーション):特殊な超音波で振動を与えて脂肪をもみほぐす
  • EMS(可変式EMS):筋肉に直接電気刺激を与えてインナーマッスルなどに働きかける

BONIC Pro(ボニックプロ)のお手入れモードは2種類!

  • HOTモード:キャビテーション+RFでお手入れの部位を温める
  • SHAPEモード:EMS+RFで、筋肉を刺激する

通常は、HOTモードでお手入れする部位を温めてから、SHAPEモードで筋肉を刺激する、という順番でお手入れを行うといいようです♪

bonic09

操作はモード選択ボタンレベル調節ボタンの2つのボタンだけで操作できるシンプル設計。

モード選択ボタンで「HOTモード」か「SHAPEモード」の選択を行い、レベル調節ボタンで、施術レベルの強さを調節します。

従来のBONICとBONIC Pro(ボニックプロ)との機能面での違い

下の写真の、左側が従来のBONIC、右側が新しいBONIC Pro(ボニックプロ)です。
bonic17

従来のBONICも、EMS機能を搭載しており、気軽に好きな部位をお手入れできる人気の商品。新しいBONIC Prp(ボニックプロ)比較して、形は平べったく、肌への接地面は広いので、一度に広い面積の施術は可能だと思います。新しいBONIC Pro(ボニックプロ)と同様、専用のジェルを肌に塗った上で使用するタイプで、使い方はほぼ同じ

機能面で比べると、従来のBONICは、超音波とEMSの2つの機能を搭載しているのに対して、新しいBONIC Pro(ボニックプロ)は、さらに進化していて、RF・キャビテーション・EMSの3つの機能を搭載しています。

個人的には、機能面では新しいBONIC Pro(ボニックプロ)では、今エステでも大変人気のあるキャビテーションの機能が追加されたところがポイント高いかな、と思います(^^)

BONIC Pro(ボニックプロ)は本体の形状が握りやすく、さらに軽量化

BONIC Pro(ボニックプロ)の形は、コロンと丸くなっていて、手にフィットしやすい!これも重要な進化ポイントです。
bonic07

色んな握り方が可能で、お手入れする体の部位に合わせた握り方ができるので、とても使いやすいです。
bonic08

操作ボタンが、従来のBONICが本体のボディ部分についていたのに対し、BONIC Pro(ボニックプロ)は、本体持ち手の上の部分についているのも大きく違うポイント。このことが、地味に使い勝手をアップさせているのだそうですよ。

本体重量も、従来のBONICが346gだったのに対し、BONIC PRO(ボニックプロ)は263gと、ぐっと軽くなっているので、扱いやすいですよね。

BONIC Pro(ボニックプロ)本体は、防水仕様で、水で丸洗いが出来るので、使った後のお手入れもとても簡単で、清潔に使い続けられます。

BONIC Pro(ボニックプロ)を裏返してみると・・・

BONIC Pro(ボニックプロ)を裏返したところ。

bonic06
こちら側を肌にあてて、RF・キャビテーション・EMSのケアをしていくわけですね!

専用のジェル「ボニックジェル プレミアムリフト」

ボニックプロと一緒に使う、専用のジェル「ボニックジェル プレミアムリフト」。
bonic11

体のあちこちに使うものだから、すんごいたっぷり入ってます!300g入り。

中身は、こんな感じの白っぽい半透明のジェル。スイスイと広い範囲に伸びて、ボニックプロの滑りを良くします。
bonic12

ヒアルロン酸やコラーゲン、ココナッツオイルやアルガンオイル配合で、お肌をしっとり保湿してくれるので、お手入れ後のお肌はモチモチです。

スベルトニール・グラウシン・カフェインなどの肌引き締め成分を配合で、ボニックプロのエクササイズをサポート。

そして、ふんわりといい香りがします。ジャスミン・スズラン。洋梨の香りなのだそうです(^^)

それでは、BONIC Pro(ボニックプロ)を実際に使ってみます!!

まずは本体のセットの中身をチェック!

このように、箱に収まっていたBONIC Pro(ボニックプロ)のマシン本体のセット。
bonic01

BONIC Pro(ボニックプロ)本体、充電器、充電ケーブルがセットになっています。
bonic02

まずは本体を充電・・・

充電器に本体を置くようにセットして充電。充電器と本体を合わせるポイントに、ちゃんと目印が入っています。
bonic04

充電中は、3つのレベル表示ランプが赤く点滅。
bonic03
取り扱い説明書によると充電時間は、最大で5時間。充電が終わると、赤ランプが消えます。

お手入れする部分に専用ジェル「ボニックジェル プレミアムリフト」を塗る

BONIC Pro(ボニックプロ)を使う体の部分に、専用ジェル「ボニックジェル プレミアムリフト」を、たっぷり塗ります!
bonic13

モードを選択して、お手入れを開始!!

モードとレベルを選択して、お手入れを開始します。
bonic09

BONIC Pro(ボニックプロ)の操作方法と、各部位ごとのお手入れの方法は、購入時に付いてくるボニックプロ簡単ガイド(保存版)に、ものすごく分かりやすく解説してありますので、そちらをぜひ参考にしてみてください!!
bonic18

BONIC Pro(ボニックプロ)をふくらはぎに使用しているところ・・・。
bonic14

ムニムニの二の腕にも使いやすい。
bonic15

EMSの刺激は、かなりしっかり筋肉に届きます!二の腕に使った時は、腕の先端がピクピクと勝手に動くくらい、結構効きます(^_^;

最初は低めのレベルから徐々にあげていくのが安心です。

私の感覚では、特に腕などは、使った後はかなりの疲労感を感じるほどの刺激が入っている実感があります。

BONIC Pro(ボニックプロ)を使ってみた感想。使い方のコツなど。

気になる部位をピンポイントでケアできる点が良い

なんといっても、片手にスッポリと収まるコンパクトなボディで、体中のいろいろな部位に無理なく使えるのが嬉しいポイント。握りやすい形状なので、落っことしそうになることもありません。

温めの「HOTモード」 → 筋肉刺激の「EMSモード」の順で使用して、1つの部位につき約5分を目安にお手入れすればよいそうです。

1つの部位につき5分は非常にお手軽。複数個所をする場合は、少し時間がかかりますけどね。

bonic16

EMSのレベルは体の部位によって変えるべし

EMSモードでは、筋肉への刺激が結構グイグイ入りますが、痛みを感じにくいように、違う種類の周波数を組み合わせて、「押したりする感覚」→「もんだりする感覚」→「叩いたりする感覚」と、刺激の種類が変わります。

腕などのお肉の少ない部位と、お腹周りやヒップなどのお肉の豊富な(?)部分に使うのとでは、EMSの刺激の感じ方が全然違うと思いました。

なので、EMSの強さのレベルは、自分の気持ちいいレベルを見つけて部位ごとに変える必要があると思いました。

防水仕様なのでお風呂場で使うという手も

体のいろんな部位に使用したいですから、服を脱ぐ入浴時は、チャンスだと思います!

防水仕様なので、お風呂の洗い場で使っても大丈夫なのが嬉しいですね。

ジェルもお風呂場の方が乾きにくいので、ジェルを足す回数が減って経済的な気もします(^^;

BONIC Pro(ボニックプロ)を始めてみたい方はこちら

専用ジェルを定期コースにすると本体価格3,980円で始められます

本体価格は通常18,000円(税別)。ジェルの定期コース(3回以上)を選択することで、BONIC Pro(ボニックプロ)本体が3,980円(税別)になります。

専用のジェルも、定期コースにすることで割引になり、購入本数に応じて割引率がアップする仕組みになっています♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2017.1.9

ワンダーコアツイストが我が家にやってきた!ワンダーコアスマートとの違いは?効果的な腹筋運動でくびれをゲット!

昨年末に、東京都港区の虎ノ門ヒルズで行われた、ショップジャパン「フィットネス・エクササイズ商品 体験会」に参加してきたのですが、その時の展示…

ブログランキングに参加しています

お気に入り♪

最近の投稿

カテゴリー

ページ上部へ戻る